© ぶらり寺社めぐり 

旧官幣社・旧国幣社一覧

明治時代に導入された社格制度で、
 「官幣社」とは、神祇官が祀る神社で、官幣大社、官幣中社、官幣小社に分けられる。
 「国幣社」とは、地方官が祀る神社で、国幣大社、国幣中社、国幣小社に分けられる。
また官幣社にも国幣社にも分類できない官社を「別格官幣社」とした。
この社格制度は第二次世界大戦後に廃止された。

※2010年1月23日に、現存する官社の参拝を満行しました。(209社)

官幣大社

官幣中社

官幣小社

国幣大社

国幣中社

国幣小社

別格官幣社

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now